アラサー独身女性の頭の中

アラサー独身女が日々感じていることを書きます。

好きな人と結婚したい。

もう、誰もが思ってることなんだろうけど、改めて思ったことを書く。

 

 

私、良い年して独身なんだけど

 

 

強がりとかではなく

 

多分、誰でもいいなら、相手を選ばなければわりとすぐに結婚できると思う。

 

 

自分より、うんと年上、とか

収入が低い、とか

チビ、とか、ハゲ、とか。

馬鹿、とか。

 

 

いま、言葉を選ばずに書いてるけど、

男性から見た女性verも同じです。

ハゲが貧乳にかわるくらい。

 

 

 

つまり、妥協すれば余裕で結婚できる。

 

 

でも、ただ結婚したいわけじゃなくて、

「好きな人と」結婚したいの。

 

 

「もっと○○な人も視野に入れないと」

って、たぶん結婚相談所とかでは言われるパターンなんだと思う。

 

 

でも、そうやって妥協した人は好きになれないから、もうその時点で意味がない。恋愛って妥協するもんじゃないし。

 

 

私は、尊敬できる、好きな人と、結婚したいのであって、誰でもいいから結婚したいわけではない。

 

 

好きな人なら、結婚したいけど、好きじゃない人とボランティアの精神では結婚したくない。

 

 

 

それだけの話。

 

 

家もあって、

仕事もあって、

自立してる私が、

 

 

何が悲しくて

 

ブサイクで、

高齢の、

低収入の人と

結婚しなければならないのか?

 

 

って話。

 

 

私が結婚したいと思う相手なら、結婚する。そうじゃないなら、結婚しない。

 

 

それだけの話なのに、なんで世間の人は結婚できない=ダメな人っていう目で見るんだろう。自分が、既婚者っていうマジョリティに属しているからって、そんなブサイクで馬鹿な伴侶を手に入れたくらいで威張らないでほしい。自分が幸せならそれでいいじゃん。私は、別にあなたがたの誰もそれほど魅力的な男性だとも女性だとも思わない。

 

それなのに、なぜ、既婚者はみんな、自分がすばらしく性的魅力を兼ね備えている、と思いこんでいるんだろう。

 

 

 

あんたとセックスしてるヤツの気がしれねーっつーの。