アラサー独身女性の頭の中

アラサー独身女が日々感じていることを書きます。

欲張り過ぎなのかもしれない

愛し愛される恋人がほしいとずっと思ってきたけれど、それは欲張り過ぎなのかもしれないな、とふと思った。

 

 

住む家があって、五体満足で、安定した収入の得られる仕事があって

 

 

それで「よし」とすることもできなくもないなって。

 

 

 

たしかに、私の周りでは結婚して子供を産んで家を建てて、働いて、っていう人生を歩んでいる人が多いから、それを羨ましいと思うんだけど

 

 

それは、私には、欲張り過ぎなのかもしれない。

 

 

だってたとえば、頭の悪い人が「絶対東大!」とか言ってたら「うわ、欲張り。あんたには無理」って思ってしまうよね。

 

 

 

それと同じで、私には、結婚や出産、素敵な男性に愛されることっていうのは、欲張り過ぎなのかもしれないと思った。

 

 

ふとね。

 

 

男性なしで、豊かな人生にしていくしかないのかな。