独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

婚カツ

これから人生ではじめての婚カツイベントに行ってくる。

 

 

惨めな思いをするだけかもしれない。

疲れるだけかもしれない。

がっかりするだけかもしれない。

 

 

でも、未来にはきっといいことがあるはず、と信じる気持ちだけが、私を生かしてくれる。

 

 

本当はほとんど人生に絶望しているけど、

そしてそれは今後も続いていくのだろうということもわかってはいるんだけど

 

 

それでも一縷の望みをもって、今日という日を生きようとしている。

 

 

打ちのめされてばかりの日々。

惨めな日々。

悲しみの日々。

 

 

そんな、辛いことのミルフィーユみたいな日々が、

 

 

これから急に変わることなんてあるの?

 

 

でも、変わるんじゃないか、

なにかあるんじゃないか、って

 

 

そういう希望がないと生きていけない。

 

 

 

 

そして、そういう希望を完全に失ったときに

たぶん私は死ぬと思う。