アラサー独身女性の頭の中

アラサー独身女が日々感じていることを書きます。

次善の策

愛すべき男がいない身は寂しい。

平日、家に帰っても話し相手はいない。

休日、一緒に出掛ける相手はいない。

 

 

とても寂しいと思う。

誰かがいればいいのに、と思う。

 

 

でも、誰もいない。

これが現実。

 

 

しかたないのだ。

いないのだから。

 

 

 

誰も私を癒してくれないならば、自分で自分を癒すしかない。

 

 

誰も愛してくれないならば、自分で自分を愛すしかない。

 

 

それが、次善の策だ。