独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

思い出だけで生きていけたらいいのに。

思い出が大きな、なくならない飴玉のようなもので、

 

それを転がして

 

いつまでも生きていけたらいいのに。

 

 

なのに、

 

 

実際の私はとても我が儘で

 

思い出だけでは飽きたらず

 

現実に

話せて

抱き合える

誰かを求めてる。

 

 

私は、幸せに

 

あまりにも慣れていないから

 

人よりも

わずかな幸せを大きく喜べる自信がある。