アラサー独身女性の頭の中

アラサー独身女が日々感じていることを書きます。

わたしの幸せ

いま帰宅してほぼ素っ裸でベッドに寝転んで、そして思った。

 

 

「あー幸せだなー」

 

 

と。

 

と、同時に気付いてしまった。

この「幸せ」を感じるには、それ相応のタスクをこなさないとならないことに。

つまり、一定以上の負荷とかストレスとかを感じた後でないと、この「幸せ」は訪れないのだ。

 

 

なんという皮肉!!!

 

 

たとえば、やりたくない仕事とか

行きたくない飲み会とか

 

そういうもののあとに、ベッドはその包容力を更に増し、私をこの上なく甘やかす。その瞬間が甘美なのだ。

 

 

じゃあ、私にとっての「幸せ」はつねに「不幸」との抱き合わせでしか訪れないってことじゃんか。

 

 

そんな人生って……