アラサー独身女性の頭の中

アラサー独身女が日々感じていることを書きます。

急なメタ認知。

年下ボーイと2日間LINEしてみての感想を書きますね。

 

 

まず第1に、若い。

 

ぽんぽんぽんぽん、LINEが返ってくる。ちょっともちつけ(古)ってかんじ。

わたしがスローペースでのらりくらり返信してると「どうしてすぐ既読になるのに返信遅いんですか?」とか来る。いや、だからLINE苦手だって言ってるじゃん……(;´Д`)

 

 

第2に、子供っぽい。

 

どういう点がかっていうと、私に

「わたしは○○(彼のこと)好きだよ」

とか

「わたしは○○(彼のこと)と一緒にいて楽しいよ」

とか、

そういう台詞を言わせるように誘導してくるところ。

 

 

ま、1度も言ってませんがね!!!

 

 

あと「他の人ともそうなんですか?」とか聞いてきて、「いや、あなただけよ」的な台詞も引き出したがる。

 

 

「僕のことどう思ってますか?」と聞く勇気はないから、婉曲的に確かめてくるのね。まあ、そこが可愛いといえば可愛いんだけどね。

 

 

でも、意地悪なワタシはぜんぶ気付かないふりをしている。

 

 

とまあ……、

 

 

 

ここまで↑出勤途中の電車のなかで書いたんですね。

 

 

 

で、ここから下は帰宅途中の記述になるんですけど。

 

 

なんか、改めて前半の記述を読み返してみたら、自分が恥ずかしくなってきちゃったよ。

 

 

なんか、こいつ調子こいてんなって思って。

 

 

というのもだね、

 

わたしは今新しい職場で新しいスタートを切っているんだけどもね、

 

 

 だーーれも

 

ワタシを「若い人」扱いしないわけ。

 

だれもね!!

 

 

いや当たり前といえば当たり前なんですけどね。

 

 

なんていうか、

わたしはさ、何人かに「おいくつなんですか?えっ、もっと若いと思いました!」的な発言をしたのね。いや、何人かというか、正確にいえばふたりね。ふたりの女性にね、言った。

 

 

これは別にお世辞とかではなく、ほんとにそう思ったから言ったんだけどね。

 

 

でもね、ついぞ、私自身は誰からも!言われなかったよね。リップサービス的なアレもなかったよね。

 

 

 

 

うーん、そうか。と。

 

 

ま、そうよね、と。

 

 

だって、若くないもんね、と。

 

 

 

あらためて、思ったわけですよ。

 

 

たしかに、トイレとかで顔見てもなんかパッとしないっていうか、くすんでるしさ。なんかシルエットがパッとしないっていうかね。

 

 

 

なんか、急に恥ずかしくなってきちゃって。

 

 

えっ、こんな容貌なのに、なにちょっとチヤホヤされて困っちゃってるワタシ、みたいなの演出した??

とか思っちゃって。

 

 

 

もうね、逆に申し訳ありませんって、思った。

 

ワタシなんかに好意を抱いていただいたのに、なにちょっと上から目線?とか思っちゃって。ダサ、みたいな。

 

 

もうね、

 

 

 

急に謙虚。

 

 

 

好意はありがたくちょうだいするとしても、付き合うとかないわ。

 

 

 

もう、若くないもん!

捨てられるだけやん!

目ぇ覚めたわー

(´;ω;`)