独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

既婚者発信のものに興味ない。

この年まで独身のわたくしは、誰かと接するとき、まずもって相手が「独身か否か」が非常に気になります。

 

 

それはべつに生身の人間と接する時に限らず、ネットの住人や、芸能人の方でも同様です。

 

 

まず、相手が「独身なのかどうか」を真っ先に確認したくなり、のちに既婚者だと発覚した場合、急激にその人に対する興味が低下します。それはもう、スプラッシュマウンテンの急降下ばりに。

 

 

それは、その人自身の魅力とは全く無関係です。この人は既婚者だから嫌いとか、そういうことではありません。

 

 

ただ、わたしの中で「独身である」というのは共感できるか否かを決定付ける、絶対に欠かせない非常に重要な要素なのです。その他の点がどれほど自分と似たり寄ったりの人であっても、「独身である」というこの一点が重ならない場合には、自分の人生にとって参照する必要のない人間、というカテゴリーに放り込まれてしまうのです。

 

 

ですので、執筆者が既婚者なのか独身者なのかよくわからないブログを探りさぐり読み進めていて、しばらくして文中に「夫」だの「子どもたち」だのといった既婚者ワードが出てくると、非常に時間を無駄にしたかんじがします。

 

 

まあ結婚したらしたで、今度は結婚してる人のブログを楽しく拝見するようになると思います。つまり、自分がそのとき置かれた立場によって求めているものは変わるのだと思います。

 

 

ただ、いまのところ既婚者子持ち人のライフスタイルってなんの参考にもならないので、妙齢、独身、独り暮らしの三重苦を背負ってますみたいな人のライフスタイルを参照したいですね。

 

 

YouTubeも、年齢や家族構成で住み分けできるようなシステムを作ってくれると非常に助かります。需要めっちゃあると思う。