独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

『何歳まで生きますか』


f:id:ikkodatetowatasi:20171114220802j:image

 

これ、ずっと気になっていたので先日Amazonで買って読んでみました。

 

死に対するいろいろな考え方がギュッと詰まっていて、とても興味深い内容でした。なかでも印象に残ったのは、雨宮まみさんの

 

 

「歯を磨いても顔洗っても次の日にはもう汚れているし、食べ物も食べたら無くなっちゃうしで面倒くさい。(生きることに)向いてない」(※ニュアンスで伝えてます。原文ママではありません)

 

 「女って年とると、チヤホヤされなくなるって恐怖がずっとあって。異性と楽しいことができるっていう喜びがなくなったら、あとは…なにしようかなっていう。」

 

 

 っていう言葉。

激しく同意。

 

 

 あと

 

真鍋昌平さんの

「一ヶ月に2つ楽しみを作るのが生きる秘訣。だいたい2つくらいで十分」

っていうのも、なるほどなと思いました。

 

 

あとは、久保ミツロウさんの考え方が全体的にかなり独特で面白かったです。

 

 

前ふたりのインタビューは、ネット上でも公開されているので気になったかたはぜひ読んでみてください。雨宮さんはその後亡くなってしまいましたが…。

 

 

わたしが、同じ言葉を向けられたらどうだろうって考える。「何歳まで生きますか?」って。まあ、この質問自体が平和な国、環境でないと成り立たないとは思うのですが。

 

 

 

でも、死ぬ時期が定まっていたら、そのときまでに何をしたいかが見えてくるっていうのはあると思う。

時間もお金もたくさんあると無駄遣いしがちだけど、限りあるとわかっていれば、ちゃんとその使い道を考える。

 

 

わたしはもう32まで生きたから、とりあえずの目標を42にしようと思う。

 

 

42歳までにやりたいこと。

 

とりあえず結婚かな(笑)

 

 

逆に42歳までに結婚してなければ、もう結婚の可能性もほとんどなくて、だからこそもっと思考が自由になれる気もするけどね。