独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

欅坂46は、インキャ狙い

当初、似非インテリ狙いってタイトルだっけど、インテリっていうよりインキャだなって思ったのでタイトル変えました。

 

 

欅坂46すごい人気ですね。

 

 

なんといってもセンターの魅力が半端ない。その他の子はファンには悪いけれど、すべてセンターを際立たせるために存在しているとしか思えない。

 

 

『風が吹いても』のてち、キュートすぎない?ショートパーマ&メガネ&パンツスーツっていう、フェミニン要素皆無な外見にも関わらず、可愛い。てちだけを目で追い、てちの表情に見とれる。

 

 

欅坂はこの曲で笑顔解禁したの?なんかの番組で「どうして笑顔を出し始めたんですか?」みたいなことを司会者から聞かれてたけど、そんなもん秋元康の戦略に決まってる。彼女たちはひたすら操り人形なわけで、ただ与えられた歌を歌い、ただ与えられた振り付けを踊っているに過ぎないわけで。よくアイドルにそんな質問したなと。彼らは偶像で、意思なんか皆無なのだから聞くだけ無駄。我々は秋元康の台本どおりに演じられた壮大なミュージカルを見ているといっても過言ではないかと。

 

 

 

さて。

 

 

そんな欅坂46ですが、歌詞がこれまでのアイドル楽曲とは異なり非常に自己啓発的なことて知られていますね。あんまり恋愛要素がないというか。浮わついていないというか。

 

 

さっきYouTubeで『避雷針』っていうの聴いて思ったんです。この曲は、たぶんまあ、恋愛ソングなんですね。

長い歌詞を勝手に要約すると、「だれにも理解されずに生きづらさを抱えている君。そんな君を理解してあげられるのは僕だけ」的な感じです。たぶん。

 

 

 

で、これを聴いて、けっこう多くのひとが

「これは私(俺)のことだ!」

って共感できる仕組みになってるんですね。で、こういう歌詞に共感するのは、自分自身が「そのへんの奴らとは違う」って思ってる似非インテリ層だと思うんです。(インキャともいう)

 

女の子にとっては自分の根暗さを、男の子にとっては極限まで高めた想像力(いや創造力かもしれない)を、バックアップしてくれる曲になってるんですね。

 

 

周囲に溶け込めないわたし、可愛い。

あの物静かは彼女は、俺の天使だ。

 

 

的に、彼らの思いこみを補強してくれる曲になっているんですね。

 

 

幅広い層を、さまざまなアイドルの形態によって取り込もうとしている秋元康アッパレってかんじです。