独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

人生にテトリスの長い棒は存在するのか

積もりに積もった様々な問題が、

ある瞬間に舞い降りた「なにか」ですべてチャラになるなんていうことは

 

 

 

 

ありますかね?

( ´_ゝ`)

そういう、窮地のテトリスにおける、長い棒みたいなやつ。

 

 

 

あるとしたら、その「なにか」はなんでしょうかね。

 

 

有力候補はやはりお金かな?

 

 

でもそれも限度があるよね。

わたしが平常心を失わずに扱いきれる限度額はたぶん500万くらい。だから宝くじとか、億当たってほしいとか微塵も思わない。

 

 

宝くじで5億当たれば幸せになれるって信じてる人が、わたしには信じられない。

 

 

自在にお金を扱うには、それ相応の訓練が必要で、そういう訓練がなされていない人にはお金は凶器だと思う。

 

 

人は弱い。環境によっていかようにも変わってしまう。自分も周囲も。

 

 

お金を道具にしたくても、気づいたらお金の道具になっているかもしれない。そんな恐れがお金にはある。

 

 

 

わたしにとってのテトリスの棒は、

 

 

やっぱり気の置けない恋人かな!そういうひとがもしもいてくれたら万事好調。

 

 

 

でも恋人は、放っておいて永久普遍のモノじゃない。ケアもメンテナンスも必要。

 

 

「これで大丈夫である」といいきれる状態なんていつもなくて、「である」状態を保つために、日々の「する」が大切なんだよなあ。

 

 

 

でもまずは、恋人ほしい。