独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

日本共産党決起集会 2

せっかくフルで日本の極左の動画を見たことだし、もうこんなことも無いと思うので、感想を書きます。

 

疲れてるので手短に。

 

(PCでブログを書いたことなくて、いつもスマホからなので指がすごく疲れるのです)

 

 

まずは、何から書こうかな。

ええっと…、

 

 

まずですね、志位さんの話す言葉は意外にも日本語として分かりやすく、理解しやすかったです。

 ( ´_ゝ`)

 

 

ただ、基本的に共産党ガチ勢に対して向けられているメッセージなので、専門用語がナチュラルに散りばめられているんですね。そこがちょっとネック。

 

 

「えっとぉ、共産党はじめてなんですけどぉー( 〃▽〃)」って人にもわかるように、定義を教えて欲しかったです。

 

 

たとえばスピーチの中で何度も「市民と野党の共闘」っていう言葉が出てくるんですけど、この「市民」ってだれのこと??有権者??それとも、共産党内部の組織??って感じで、ところどころ理解できないワードがありました。

 

 

 

次にね。

 

 

基本的に、クリエイティブさが欠如しているように思いました。

どんなトピックにおいても、始めに切り出されるのが安倍政権の体制批判。

 

 

 

自民、公明はダメ!

我々はちがう!

 

 

で終わることが多くて、そのあとの提案力が足りないなって感じ。企業だったら、鬼上司ですね。答えは与えず、提案はすべて却下。

 

 なにかつけ、まずは自民党の動きから丁寧にご説明。

 

 

最後なんてもうね。

 

 

集会の最後、候補者が壇上に上がって「ガンバロウ!!」みたいなことを、声をあわせて大声で言って拳をあげるみたいなパフォーマンスで締め括られるんですけど、

 

 

そこでも

安倍政治を終わらせるぞー!!

 

 

とか、まさかの敵陣の名前を叫びだす。

 

 

 

もうね、

 

 

 

いい宣伝以外の何物でもない。

 

 

 

日本共産党が、自己の存在をアピールするときには、漏れなく与党の名前を連呼するんですね。

 

 

安倍さんは「共産党は~」とか言わない(と思う)けど、共産党はトップから末端に至るまで、とにかく安倍、安倍、安倍と名前を叫ぶ。とにかく叫ぶ。

 

 

たぶん、そっち(安倍)が有権者にインプットされてる。サブリミナル効果的なかんじで。実際、選挙戦での勝利って、候補者の知名度と単純接触の法則の2点に支えられてるみたいなところあると思うから、

 

 

たぶんなんだけど、共産党自民党のいちばんの支援者になっちゃってる恐れisある。

( ´_ゝ`)

 

 

たとえは悪いかもしれないけれど、

アンパンマンってバイキンマンいなくてもアンパンマンだけど、

 

バイキンマンって、「アンチ」アンパンマンの姿勢を保持することが、ある意味アイデンティティになっちゃってるっていうか。

 

 

うーん

ちょっと違うか。

いや違うな。

 

 

まあいいや。

 

 

でもなんかけっこう面白かったです。

( ´_ゝ`)

 

 

わたし的に勝手に要約すると

 

 

野党連合つくるって約束したじゃん!勝手に抜けるとかなしんこなしなし!!民進党なんてもう知らないんだから!小池?アイツはダメ!なんだかんだ安倍の仲間じゃん!

新しくできた立憲民主党イイネ!どんどんやりなさい!北朝鮮に対してはとにかく対話の力を信じ、必ずや解決いたします!

あっ、あとみんな新聞赤旗とってね!!!最近講読者も増えてるよ!

( ^-^)ノ

 

こんな感じでした。(違ったらごめんなさい)

 

 

 

そんなわけで、

私から確実に伝えられることは

 

 

 

安倍さんと志位さん、

ふたりとも滑舌わるいね

 

 

ってことぐらいです。