独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

年下の男の子の好意なんて最早恐怖

32歳の女性が、20歳の男の子に好意を寄せられるっていうのは最早恐怖。

 

 

なにが怖いって、至近距離で話すこと。

 

 

あんまり眠れなかった翌日とか、忙しくて美容院なんて行けなくてボロッとした髪型の時とか。

 

 

そんな状態では目を見て話せません。

ごめんなさい。

 

 

 

もともと持っていないものに対しては、欲しいとも思わない。したがって、駆け引き無しの非常にフラットな精神状態で対峙することができる。

 

 

でもね。

 

 

望むと望まざるとに関わらず、1度手に入れちゃったものに対しては、「失うかもしれない」っていうリスクを常に抱えることになる。なんでだろう。欲しがった覚えはないのに。

 

 

そういうの、ほんとやだ

 

 

もうどこか遠くの星で塵になりたい

 

 

 

みんな結婚して子供もいて。

こんな不毛なドギマギを抱えている場合じゃないのに。