独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

YouTuber ヒカルについて思うこと

YouTuberのヒカルが、valu問題で騒がれていることについて、わたしが感じたことを書きたいと思う。

 

わたしは、ヒカルのことを結構前から知っていた。少なくとも世間一般の人たちの中で認知されはじめる前からは知っていた。登録者が100万人に達する以前だ。店長が動画で登場する前だ。

 

ヒカルは、とにかく頭の回転がはやくて、ペラペラ喋ることに長けている。また、単純に見た目が格好いい。さらに、きちんと自分の哲学を持っていて、キャスなんか聴いてると関心させられることが多々あった。若いながら、世の中の本質について掴むのが早いなと思った。ビッグマウスで、かつ行動的。攻撃的な口調と金遣いの荒い動画。そして、実験や商品紹介ではなく、トークを全面に押し出す動画。彼はYouTube上ではまたたく間に唯一無二の稀有な存在として君臨した。

 

自分で自分をプロデュースしていく。

自分で自分をカリスマと言い切る彼が、わたしは嫌いではなかった。

彼を金の亡者と感じたことは1度もなくて、ただ単純にお金を道具として聴衆を引き付ける動画をとりたい、という思いに偽りはないと思う。ただ、YouTubeでありがちなこととして、いや、YouTubeに限らずのことではあるけれど、聴衆はすぐに刺激に慣れてしまい、より新しい刺激を求めるようになる。

 

ヒカルの動画もどんどん高額な宝くじや馬券購入などに走っていった。

ただ、彼はそれを追い込まれてやっていたわけではなく、自らも楽しんでいたと思う。

 

わたしは、ヒカルがネクストステージを結成してVAZ といううさんくさい会社に所属したとき、そのVAZに出資金を出したアライドアーキテクツという会社の株を本気で買おうか悩んだくらいだ。

彼は、成功ストーリーの台本を頻繁に聴衆に提示しては、その夢を一緒に見せてくれるような男だった。

 

繰り返すようだけど、彼はお金もうけというのはそんなに意識してなかったと思う。全国無料オフ会も実施して、会場費も出し、グッズもつけていた。それを彼は、ファンからはお金はもらえない。ファンからは時間をもらっていると言っていた。

それが、たとえヒカルのいう戦略的思考の一端だとしても、そういう考えを具現化するのはなかなか出来ることではない。最近では募金活動もはじめていて、いくら偽善だと言われようが、それはやっぱりすごいことだと思う。

 

こんな彼が、valu 騒動によって、詐欺師呼ばわりされてしまったことは単純に残念だ。きちんと彼の発言に耳を傾けていれば、彼がお金もうけでやっていないことくらいわかるはずだ。

 

ただ、極端な話、悪意がなかったからやっていい悪事というのは勿論存在しないので、やはり単純に今回の件はヒカルが浅はかだったとしかいいようがない。

 

 

つづく