32歳独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

わたしがきょうも働く理由

働き蟻の原則、つまり、働かない蟻と働く蟻は一定数存在するというルールは、人間界にも存在する。

 

 

そして、結局のところ

 

 

見えていない人には仕事はできないし

見えている人が、自分の眼にうつる仕事をこなしていくようになっている。

 

 

見えていない人は

ただボンヤリしていて

後になって

的はずれなアドバイスをしてきたり

ほんのわずかな雑用をしてみたりして

 

 

それで、調和がとれていると思う。

 

 

 

 

だから、

見えないほうが、ある意味幸せで、

見えちゃったら

 

 

 

 

 

あとは

 

見えたけど

 

見ないふりか

 

あえて

 

やっておくか。

 

どちらかで、

 

 

後者を選んでも

誰からも認められなかったとき

人はたぶん

 

その集団に対する愛着なり帰属意識のようなものを失う。

 

でも

 

ひとりでも

 

 

共に考え、行動してくれる人がいれば

救われるのだ。

 

 

 

だから

 

 

 わたしは

きょうも仕事にいく。