32歳独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

最近戸惑うこと、の続き

本日、例の年下男性と接する機会があったのでさりげなくわたしの年齢を彼に伝えることにした。

 

 

たぶん、彼はわたしが何歳か分かっていないと思ったので。

 

 

分かっていれば、一回りも年上の女性に面と向かって「可愛い」とか「好きです」とか言えるわけがないでしょ。せいぜい5、6歳程度の年の差だという認識なんだろうなって思った。

 

 

 

だから、会話の流れで

 

 

「何年生まれですか?」

 

 

って聞いてみた。

 

 

「僕丑です」

「へー、じゃあ一回り下ですね」

「えっ、てことは○○さんは32歳なんですか?」

「そうですよー」

 

 

ってかんじで伝達。

 

 

結果、どうだったかって?

 

 

 

 

 

 

明らかに!

 

 

その後の態度が変わりました(笑)

 

 

 

よそよそしいというか…。

興味レベルがぐんと下がったのが手に取るようにわかりました。

 

 

 

まあ、これで良かったです。

 

 

べつにはじめからどうこうなろうなんて思ってなかったさ…。

。・゜゜(ノД`)

 

 

 

でも、会話の中で私がメモをとらなければいけない状況になったときに

 

 

「あっ、私書きますよ」

「いえ、僕が書きます!」

「えっ、いやいいですよ」

「なんでですか?」

「いや、申し訳ないじゃないですか」

「いや書きます」

「じゃあ私読みますね」

「ダメだ、やっぱり手が震えてうまく書けないから○○さん代わりに書いてください」

「えっ、なんで(笑)」

 

っていう一幕がありました。

 

手が震えて書けないって…。

どんだけキンチョーしてんだ

 

ってちょっと可愛く思いました。

可愛いのはまあいいけどね

 

 

まあ

 

 

 

 

 

ひとときの夢をありがとよ