32歳独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

手続きも終盤戦

本日、司法書士の方とお会いして、抵当権の設定などしました。

 

いよいよ今週(金)は引き渡し。

早いものです。

契約から一月も経過していません。

なんて忙しい月だったんだろう。

人生でいちばん忙しい月でした。

 

 

いまどんな気持ちか??

 

 

うーん、本当に正直にいうと、

 

あまりなにも感じません。

 

いろんな家具を揃えることも

楽しみというよりはたいへんだなと思います。

 

 

世間の9割方のひとは憧れのマイホームを持つとき、たぶん愛する家族とあれこれ相談しながら家具を決めたり、書類を取り寄せたり、業者と打ち合わせをしたりするんでしょう。

 

わたしはぜんぶひとりです。

 

職場のひとに、あれこれ聞いてみると、みんな誰かと協力してそういうことをこなしたんだなあということを実感します。

ひょっとしたら、悲しいひとと思われているかもしれません。

 

 

本当は、あれこれ話し合って決めたら楽しかったんだろうなとおもいます。

 

ぜんぶ、1から10まで自分で決めるのは自由だけれど、喜びはあんまりないかもしれません。

 

だれかとこの経験を共有したかったなとおもいます。

 

まあそれを待っていたらいつまでも家は買えなかったかもしれないし、仕方ないんですけどね。後悔はないです。

でも、この一連の作業を楽しんでいるかといえば、どちらかというとタスクに近い。

 

これが本音です。