32歳独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

決断をせまられて。4

考えます、とは言ったものの…

なにをどう考えてよいやら。

 

頭のなかはぐるぐるといろんな考えがめぐります。

 

①親の近くが良いとはいえ、近すぎるよな。

②駅から遠い。通勤つらい。(いまは徒歩5分)

③でも価格は安い。

④いま、決めなかったらどうなるの?

また、あの家に住むの?あの水詰まりが頻繁に起こる、あの家に?

⑤またsummoをチェックし続ける毎日に戻る?

 

そんなことを考えながら、腹を据えかねて時が流れていきました。

 

この決断から逃げたい…、決められない。

 

 

あっという間に夕方です。

 

 

16時過ぎ。

また佐藤さんからの着信。

ブーッブーッブーッブーッ

 

ビクッ!

 

「もしもし・・・(;´Д`)」

「もしもし!その後いかがでしょうか?」

「うーん、どうしよう…」

「いま担当者と確認したら1620でいけそうですね!」

「1620かあ…」

「はい、売主は赤字覚悟って感じで」

「うーん、それってお買い得なんですか」

「お買い得です。約1割引くっていうのは上位5%の物件に入りますね。」

「うーん…。このまま次に値下げしたら間違いなく他の人が買いますよね」

「間違いなく買いますね」

「うーん、(もうあの暮らしに戻るのは嫌だなあ…)じゃあ…かいます…(語尾弱め)」

「わっかりました!では1620で」

「1620ですね」 

「契約なんですが、あしたお時間とれますか?」

「(展開はえー)あっ、はい。午後休めます。うーん、じゃあ16時とかでも大丈夫ですか?」

「16時ですね。では○○駅に16時で。役所に行って、必要な書類をとってから売主さんへいきましょう。実印ってありますか?」

「じついん…。ありません」

「なんでもいいのでハンコ用意しておいてください」

「はい」

「では明日16時に」

「よろしくお願いします」

 

 

プツッ

 

 

 

 

(^◇^)

 

か っ ち ゃ っ た !

 

 

ちなみに、あとで調べたところ

この物件は当初は1990万円で売り出されていました。1990→1620

 

って。約2割引きです。

建売住宅は、値引き幅がすごいですね。

まあ、おそらく売主サイドは

「そんなに人気もない物件だから、多少赤字でもいま売っちゃおう!」

って感じだったのでしょうね。