32歳独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

銀行ローン仮審査へ

メールでは「値下がりする可能性はありますか?」と聞いた私ですが、モチロン聞くまでもなく放っておけば値下がりする可能性があることぐらいはわかっていました。

 

 

このメールは、不動産屋さんにそれとなく、この物件を買うつもりがあるよ、という意志表示をすることが目的でした。

 

そして、あわよくば値下がったら一刻も早く「下がりましたよ!!」的な連絡を頂きたいと思っていました。

 

しかし、そんな私のあまーい考えはどこへやら。いつのまにやら、私は銀行ローンの仮審査の用紙を書いていました。

 

 

その日の流れはたしかこんな感じです。

 

その日、不動産屋さんはもし私が表示価格でその物件を購入した場合の、簡単な見積書のようなものを持ってきていました。

 

諸費用だけで、多めに見積もって150万円ほど。えっ、仲介手数料を払わなくてもこんなにかかるの!?ぶっちゃけそう思いました。

そんな書類を眺めながら、「いくらなら買っても良いか」的な話になりました。

 

その時、物件価格は1790万円でした。

3LDK 、駅徒歩20分強、(バス5分)、日当たりはあまり良くない。23坪ほどの小振りな物件。カースペースは1台。

 

正直、1790万円で買うひとはまずいないだろう。それはほぼ確信に近い思いでした。

 

不動産屋さんは、引いても100万円が限度だろうと言いました。

 

100万円引いても1690万円。

それでも高い!それなら要らないと思いました。

誤解が無いようにいちおう言っておきますが、モチロン一般的に首都圏近郊で、1690万円で3LDK は安いと思います。

ただ、物件のいろんな条件を冷静に見つめたとき「1690万円の価値はないな」と思いました。それに、道路をはさんで反対側には親が買ったばかりの4LDK の新築が建っています。私は、両親がその物件をいくらで購入したのかも知っています。

 

いろんなことを踏まえて、まだ値引きしても良い物件だろうと思いました。

 

 

そこで、私は「1650万円はどうですか?」と提案しました。

 

すると「可能性はあると思います」

との答えが。

 

「これは交渉の余地がある」と思ったので、「それなら1600万円で売主には提案してください。たぶん、それが通らなければ、1650万円で提案してくれるはずです。私の言う通りに提案してくださいね。」

と言いました。こうして文字に起こすとけっこう生意気ですね…。

 

ちなみに不動産屋さんは45歳の男性でした。

 

長くなったので、次につづきます。