独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

Perfume of love

小室哲哉氏の作詞といえば、その独特な世界観がどうしても気になってしょうがない私です。

 

(『届きそうでつかめないイチゴのように』とかね。ピンとこなすぎて、もう…。)

 

そんな私ですが、

Perfume of love』の

 

ひとりぼっちのパライダスいつまでも抱えて どこかで誰かに少しはわかってほしくて 憂鬱さを見せずにただ歩いてる こんな私は鏡にどう映ってる?

 

の部分だけはめちゃめちゃグッときます…!

(/´△`\)

 

 

 

子供の時は、まさかこの歌詞に共感できてしまうような大人になるとは思いもしなかった。

 

 

まさに、この歌詞のごとく『ひとりぼっちのパライダス』を日々を生きているよ…。

 

 

オリエンタルランドくそ

「30以上のババアはいらねえ」

 

とか。

 

べつに、あんたの性欲を満たすために働いてるわけではありませんが?

 

 

こちらも、優しく若いイケメンに囲まれて働きたいですけど?

 

 

 

オリエンタルランド糞だな。

 

 

てか、一部の社員が糞なだけだろうけど、「ここはそういう場所だから」とかそういう発言がもし本当に為されていたとしたら、もう終わり。ブラックのなかのブラック。

 

 

 

ディズニーなんて本家アメリカにあればいいんであって、日本にはいらない。

 

 

毎年どれだけの金をアメリカに納めてるか考えたほうがいい。

 

 

 

いつもと、少しだけ違うことを

最近、

 

「いつもの日常に、ちょっとだけ、違うことをしてみる」

 

ことを、心がけている。

 

それは本当に大したことではなくて「今まで通りすぎていて、入ったことのなかったお店に入ってみる」とか「近所にあるけれど、行ったことのなかった場所に行ってみる」とかそんなことだ。

 

 

結局、新しいことといってもぜんぶ一人でやってることで、だから別に目に見えて新しい変化があるわけではないんだけど。いつか、なんか変化があるといいなと思ってる。

 

 

私はこの街に住みはじめて一年半くらい経つけれど、まだまだぜんぜん知らないことが多い。この街に少しずつ、心を開いて、少しずつ好きになっていきたい。

 

 

パーカー着てる男性がすき

中肉中背の男性がパーカー着てるのすこ。

 

クイズノックの動画の最後に出てくる、くすんだ緑色のパーカー着てる伊沢さんが好みすぎてつらい。笑顔も可愛すぎる。

 

 

逆に、タートルネックはきらい。たとえどんなイケメンでもタートルネック着てるのみてると、脱がせたくなる。見てるだけで苦しい。

 

 

パーカーの、

 

あの生地感、そしてだぼっとしたかんじ。抱きつきたくなる。

 

 

 

私自身、どんなに寒い日でもタートルネックは着ない。なぜなら似合わないし、窮屈な感じがするから。

 

 

自分がカジュアル志向だからか、男性もスーツ姿とかより、パーカーみたいなラフな格好に惹かれる。

 

 

 

おっさんずラブ

遅ればせながら観ました。

 

 

感想としては、あんまり面白くなかったです。理由は、話にリアリティがなかったことと、主人公に魅力を感じなかったこと。この二点。

 

 

まず、リアリティの無さについて。

 

そもそもプラトニックなまま同性愛が成立するなんてありえない。異姓愛だって不可能なのに、ファンタジーもいいところ。キスすらしてないのに、なぜ結婚式を挙げる?なぜプロポーズできる?春田は結婚をなんだと思ってる?おまえ巨乳好きだろ、しっかりしろ!

 

 

 

次に主人公の魅力の欠如について。

 

 

田中圭演じる春田創一がとにかく頭が悪そう。彼に関しては、自分の考えを伝える場面がない。いつもただ、その場の雰囲気に流されて、慌ててる。なんで今、ちゃんと自分の思いや状況を語らないんだろう?と見ていてとてもイライラしました。

 

 

いつも大事な場面で、相手が、なにかを一方的に春田に話しておしまい。その相手が部長でも、牧でも、蝶子さんでも。誰も春田の話を聞こうとしない。

 

 

とにかく「対話」の描かれていないドラマだと思った。

 

 

だから、なんか、現実の人間関係って、こんなにも「会話」というか「対話」がないもんなの?少しビックリした。

 

 

 

結局、私が一番きゅんとしたのは、マロが年上熟女の蝶子さんに迫るシーンです。

 

あのさぁ…。急に手首掴むの反則でしょ!

実際やられたらこれはやばいと思います。

私は惚れます。

 

 

でもなんだかんだ言って全部観ました。

 

春田のモテキを分けてほしいです。

 

 

 

 

ウーロン杯飲み過ぎ

いいちことウーロン茶買って、1日に3杯とか飲んでしまってる。

 

 

やばい。

 

寂しいから、だれかと繋がっていたいんだけど、だれでもいいわけじゃない。

 

寂しい。

 

疲れた。

 

もう、むり。

 

長期の休暇がほしい。

 

マジで3年後、仕事辞めたい。

 

家のローン終わったら、いったん休みたい。

 

 

ひとまわり年下の彼 その後

以前、ひとまわり年下の彼から好意を寄せられて困っている。

 

 

という話を記事にしたのだが、

そのつづき、というか、その後どうなってるのかについて書きます。

 

 

もはやブログにどこまで書いたか覚えていないんだけど、彼の早すぎるLINEのレスポンス&読解力の低さ&構ってちゃんな態度に「ムリ」と思って以来、ずっと事務的な対応しかしていなかった。

 

 

ところが先日、「○○の件でお話したいことがあるのでお電話してもいいですか?」みたいなLINEが突然きた。

 

 

うん。

まあ、いいよ。

いいんだけどね??

 

 

でもね??

うちら、次の日会いますよね???

(;´Д`)

 

 

でも断るわけにもいかず、了承して電話をしました。要件は、まあ1、2分で終わるような話だったんですが、まーー電話が終わらない!!なんかその時話してる話題が終わっても、また次の話題にうつっていく。なんだかんだ付き合ってしまう私も悪いかもしれないけど、でも私からは質問みたいなことは1回もしてないからね?

 

 

むこうの質問に答えたり考えたりしているうちに、どんどん時間が経ってゆく。

え???いつ終わるの???この電話…。

(;´Д`)

 

 

沈黙になることも何回かあったので、そんなときは敢えて話題を繋ごうとせずに、黙っていたんだけど、ついに何回目かの沈黙に堪えかねて「あのー…。この話おもしろいですかね?」と聞いてみると「面白いですよ(小声&照)」みたいな。

 

 

 

 

 

 

うーーん、

 

ごめんね。

 

 

おばちゃん、眠いのだが?????

(;´Д`)

 

 

結局、トータルで一時間半くらい話していて、お陰で立派な睡眠不足。

 

 

最後は、もう私から切り出したよね。

「あのーもう寝ませんか?」

 

とね。

立場上、ちょっと私からは言い出しにくかったけど、もうね、ムリだった。

 

 

次の日も会ったけど、やっぱり私にだけ妙に優しい。わざわざしなくても…。みたいなことをいちいちしてくれる。

 

 

いやいやいやいやいやいやいや

・・・(;´Д`)ノシ

いやいやいやいやいやいやいや

 

 

 

頼むからもうやめてくれ

 

私に優しくしないでくれ

 

 

私に何かを期待されても困るよ。

私、たぶん、すきになれないよ。

 

 

あなたのことは好きにならないよーーーーー!!!!!

 

 

頼むから私のことはもうただのおばちゃんだと思ってくれーー!!!!!!!!!!