独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

飲み会のたびに泣いてる気がする

連日、飲み会につぐ飲み会です。

 

 

思い出せるだけですでに4回飲んでるし、明日も飲み会あるし、今月だけであと3回も飲み会あるよ…。どんだけ飲むんだっていうね…。来月も少なくとも2回あるしね。

 

 

 

もうこれ、ダイエッターには過酷すぎる状況ですよ!!(*_*;

 

 

 

私、お酒の場に行ったら「飲まない」なんていう選択肢は考えられないから絶対飲んじゃうんだよね。昨日はビール、日本酒ニ合、ウーロンハイ、と飲んで、さらに深夜の映画を見ながらまたビールを飲むっていうね。もう、ほんと…おまえ…っていう…。当然ご飯もたくさん食べたし、お刺身からはじまり、だし巻き卵やらなんやらどんどん出されたものはすべて!きちんと平らげて、さらに余ったものまでも「食べていい?」とか言って進んで食べて、さらに締めのご飯(そら豆の炊き込みご飯)もしっかり一膳食べきったっていうね…。

 

 

 

もちろん今朝、体重はかったら、ちゃーーんと1キロ以上太ってましたよ!!!

 

 

 

 

まあ当然の結果よね。これで太ってなかったら逆に怖いよ。だから今日はもう、ファスティングの日です。

朝から食べたのは飴一粒。17kcalね。今日はもう、飲み物のみで乗り切ろうって思ってます。。。頑張る。。。

 

 

 

 

さて、

話を飲み会に戻しましょう。

 

 

 

飲み会って言ってもね、自分の好きな人と好きなお酒を飲むならまぁいいんだけど、いまは送別会シーズンだから、いろんなくくりでいろんな人と飲まなければいけないわけ。

 

 

 

で、まあ前も書いたと思うんだけど、わたし的にはね、「複数の既婚者」との飲み会がすごくリスクがあると思っていてね。というのも、彼らはまあほぼ100%と言っても過言ではないくらい、必ず!!!独身者をネタにするのね。

 

 

 

あれ、なんでなんだろ?笑 無意識のうちに結婚=勝ちって思っていて、そうでない人を見下してマウント取りたいのかな?笑

 

 

 

とくに、オバサンと言われる高齢の女性は、かならず!!!若い男性の結婚について口出ししたがる傾向があるのよね。

 

 

 

昨日の飲み会でね。

 

 

私ともう一人のオジサン以外はみんな既婚者っていう状況だったんだけどね。

 

 

やっぱりその場にいもしない職場の独身男性の話になったわけ。その彼が一人でめちゃめちゃこだわりの料理を作ってるっていう話から「あー、そういうタイプは結婚できない!」とか言うわけ(笑

ザ!!!余計なお世話!!!

 

 

いやいやいやいやいやいや、ここにも独身者いますけど?????

 

 

よく見てー!!!微妙な顔して聞いてるよーー!!!あなたたちこそそんな配慮もできないでよく結婚できましたね??って思うわ。

 

 

 

まあ、その場ではね、雰囲気壊さないように当たり障りない応答してるけどね。ついには、私に対しても「男の人が料理してくれるときは【なんでもいい】だけは言っちゃだめよ!」とか有り難い?アドバイスくれるんだけど笑

 

 

 

なに???

恋愛マスター?????

 

 

 

その場ではなんとも思ってなかったけど、なぜ結婚してるというだけで、上から目線のアドバイスをいただかなければいけないのか?

(^o^;

 

 

 

そして私は生まれてこの方、彼氏からご飯を作ってもらったことのない、10代の生娘という設定??

 

 

 

もうね、こういう、雑多ないろいろがね、地味にね、少しずつね、自分を蝕んでいくんだよね。ちょっとずつ傷ついて、でもわからないように傷つけるから、あとでじわじわ痛みだすの。

 

 

 

こういう、嫌なことがあったときはね

 

 

最近、なぜか映画館に行く。

 

 

そんで、さして観たくもない映画をひとりで観るの。

 

 

そんで泣くの。

 

 

きつく締めてある感情の蛇口を緩めるために、映画を観てるかんじ。

 

 

感情を開放するための、きっかけとして観てるようなね。最後はもう、映画の内容どうでもよくて、家に帰ってわけわからないこと言いながら号泣して寝てる。結局元彼に会いたいとか、なんだとかそんなことをひとりで愚痴愚痴考えて、枕を濡らして寝てる。

朝起きると、目が腫れてる。

 

 

これさーーー

 

 

どうなん?笑

 

 

ひとつだけ確かなことは、私は未だに酔うと元カレに会いたくなるってこと。ってことは、悔しいけど、まだ好きってことなんだよね。

 

 

そういうことを思い出しくてお酒を飲んでるわけじゃないから、そういう飲み方はしたくないんだけどさ。

 

 

今日は午後から出勤だからいまオフロはいってコンディション整えてる。

 

 

ちゃんとするの、大変。

 

 

わたしちゃんとしてないからさ。

人よりうんと、ずっとちゃんとしてないから、日々武装が大変だわさ。

 

自分が素敵になればいいだけ

今日気付いたこと。

とても単純なこと。

 

 

 

今までね、

 

 

 

周りにいい男がいないとか、私の魅力に気づく男がいないとか、くだらない馬鹿な男ばっかりだとか。だから、人生つまんねーなって。

 

 

そんなふうに思っていたけれど、

そうじゃないんだなって。

 

 

 

 

例えば、人間がもしもみんな石ころの形状だとして、その中にひときわ光る石があったら、みんなそれがほしいじゃない?だってその石は宝石だから、宝石自身が「私は、とっても素敵なんだから!私には価値があるんだから!!」なんて叫んだりアピールしたりしなくても、自然とみんな「あの石は素敵だな。あの石がほしいな〜」って思うじゃない?

 

 

人間もそれと同じなんだってこと。

 

 

私自身が素敵な人間になれば、素敵な男性は、必ず私を見つける。そして、「素敵だな」って思うはずなんだ。

 

 

 

つまり、いい男と出会いたいなら「自分が素敵になればいいんだ」ってこと。

 

 

なんだかんだ、素敵な人なら周りが放って置かない。素敵な人なら、周りが勝手にやって来る。

 

 

素敵じゃないから、スルーされるんだろうな。

 

 

宝石だったら、どこにいて、何をしていても宝石だってみんな気付くから、みんな話しかけてくるよ。

 

 

 

こんな言葉、ネットで見つけた。

 

「顔は予選、中身は本戦」

 

 

まずは、予選通過できるように精一杯外面磨くことにする。

 

女の素敵、とは、

 

すなわち、顔。からだ。

つまり、見た目。

 

 

見た目で予選通過しないと中身なんてみてもらえない。いい男は、見た目もよくて、中身もいい女と付き合いたいに決まってる。見た目で「あっ、他の石よりちょっとキレイ」って思ってもらえなければ、中身なんて興味も持ってもらえない。

 

 

それが現実。

 

 

そんなわけで、

今日食べたものたち。

 

【朝】

納豆×2パック

チキン×1パック

牛乳すこし

330kcal

さくらショコララテ140kcal

 

合わせて470kcal

 

【昼】

三幸製菓サラダせんべい×3袋 180kcal

 

夕方

麻布茶房にて「てり焼鶏つくね御膳 ~サラダ付~」

奢ってもらった。会社の経費で落ちるんだと。外資系はちがうね。

 

 

 

 

ねえ、やっと仕事が一段落した。

マジで、よく頑張った。

誰も褒めてくれなくても、私は私を誰よりも褒める。

 

 

いつも、私はえらい。

いつも、私はちゃんと仕事をする。

いつも、私は仕事をよりよいものへときちんとバージョンアップして次へ引き継ぐ。

私にはそれだけの能力があって、いつもそれをきちんと行使している。

 

 

マジで、私ってやつは本当に仕事ができる。

そのへんの男よりよっぽど仕事ができる。

 

 

私はそういう自分の能力をわかっていて、だからそのへんの男を好きになれない。

 

 

ごちゃごちゃ言うやつは

500年地中で寝とけ。

 

恋がしたい。

恋がしたい。

 

ちょっと会話をするだけでドキドキして、思い出すだけでニヤニヤして、あの人のためにきれいになりたい!って張り切っちゃうような、そんな男に出逢いたい。

 

 

服を選ぶときは、いつも彼の横に並ぶ自分を想像して選んじゃって、メールがきたら天にものぼるような気持ちになっちゃうような、そんな男に出逢いたい。

 

 

そんな男はいないのか?

 

 

勿論、そんな素敵な男に選ばれるような自分ではないことは百も承知してる。

 

 

 

だけど、それ以前にこの人大好き!って思える人に出会えていない。

 

 

戦いを挑む相手がいない。

 

理想が高い?

 

 

だって、理想って下げるものなの?

別に下げてまで結婚したくない。

 

 

たとえば職場の男性の、だれとも、

私はぜったいに結婚なんかしたくない。

 

 

 

彼らが私を選ばない?

私も彼らを選ばない。

 

 

 

どこかにいい男はいないのかー

 

 

 

 

53.8kg

今朝、体重を計ったところ53.8kgでした。

START時(1/6)が、58.5kgだったので

 

いまのところ約5kgの減量です。

 

 

昨日の朝まで54.7kgだったので、すごく減ってる。

 

たぶん生理が始まったから、身体から一気に水分が抜けていったのだろう。

 

 

ダイエットを始めてから、初めて気付いたんだけれど、本当に生理周期に応じて身体は変化している。生理前になると、体重は減らずにむしろ増える。そして生理が始まると、減っていく。

 

身体はいつでも妊娠できるように万全の体制を整えようとしている。心は、そんなふうに思っていなくて、妊娠の術もないし、ただ痩せたいって思ってるけど、身体は毎月律儀に水分を溜め込んで赤ちゃんを待っている。

 

 

うん、ごめん。毎月せっせと働いてるのにいつも身体の仕事を不毛に終わらせてしまって。「えー今月も赤ちゃんこないのー?じゃあもう妊娠準備いらなくね?俺ら働く意味なくね?(;´Д`)」って言いながら、たぶん子宮周辺の細胞たちはせっせと働いている。

 

 

細胞よ、実は私も、同じことを考えているんだよ。毎月こんな痛みとダルさに耐える理由は果たして…って思いながら生活している。

 

 

そんなわけで、今月終わりに53kgはいけそうかな?できれば52kgまで落として、4月は51kg台になりたい。

 

 

 

 

 

そんなにいつまでもは頑張れない

あと3年は、なんとか働く。

 

 

そしたら、家のローンを返せるだけの額が貯まっているはずだから、そのとき人生をもう一度考える。

 

 

もし、もう本当にしんどいよって思ったら辞めるっていう選択肢もあるんだって、思っていたい。

 

 

辞めたいんだけど、今までの経験に未練がある。辞めるとしたら、最も惜しいのは、経験が打ち止めになること。これまでのノウハウが本当に行き場を失うこと。次に惜しいのが身分、つまり社会的な信用。最後が人間関係。

 

 

でも、たぶん3年後の自分もなんだかんだいって辞めないんだろうな。

 

 

屍のように働くくらいなら、何もしないほうがマシだって、プライドの高い、今の私は、そう思う。だけど、たぶん、年をとって、今よりも自信を失っているであろう私が、新たに居場所を探すなんてこと、たぶんしないだろう。

 

 

いいの。

家があって、「いつでも辞められる」って思えることが大事だから。

 

 

ずっと一人はきついよ。

そんなに頑張れない。

 

 

 

また飲み会

前の職場の人たちとの飲み会。

 

いっぱい笑っていっぱい話す。

 

私の幸せは、アルコールの中にあるのかもしれない。

 

 

 

で、飲み屋に昨日買ったばかりの傘を忘れたことに気づいて取りにかえるのだ。