独身女性、一戸建てを買う。

新築一戸建てを購入したはなしを徒然なるままに。

「寂しさ」からいかに意識を遠ざけるか

「寂しさ」とか「孤独」とかいう感情に囚われていると、無為に時間が過ぎ去ってしまう。

 

 

たいていいつも寂しいし、たいていいつも孤独だから、そういう感情を紛らわそうとすると、寝たり、ネットサーフィンしたりすることになる。

 

 

この時間が本当に非生産的。

 

 

寂しいと思っても

特になんのメリットもない。

ただ、寂しいだけ。

 

 

だから、今後

「寂しい」って思うことをやめようと思う。

 

 

寂しい、という感情に浸っても

ただ寂しいだけだし

ただムダな時間が過ぎていくだけだから。

 

 

人生は短いから

寂しがってる暇なんかないよな。

寂しがってるうちに

時間は矢のように過ぎていく。

 

 

 

もっと賢くなりたいよ。

 

 

 

しあわせになること

幸せって「なる」ものなのかなあ

 

 

 

幸せって、

 

 

手にいれたと思ったら、するりと逃げて

もう手に入りそうもないと思うと

するりと入り込んでくる。

 

 

 

とても気まぐれなもののように思えるんだ。

 

 

 

ふとした誰かの一言で、状況は一変するし

 

 

 

仕事がうまくいけば、ほんのしばらくはプライベートはさておいて幸せ。

 

 

 

仕事はね。

 

 

キャリアも12年目だから

昔と違って余裕があるなって、自分でも思う。もちろん新しい環境だから大変なこともあるけれど、力試しもできるし、自分で望んだことだから文句は言いたくないなあと。

 

 

 

でもまたしばらくすると

 

独り身の寂しさをひしひしと感じて

つらいよー

ってなるかもしれない。

 

 

かと思うと

 

また

 

するりと形を変えて幸福が入り込んできたりする。

 

 

こんどするりと来てくれるヤツは

 

恋のカタチだと嬉しい。

 

またしばらくは幸せだろう。

 

 

 

 

 

おしゃれビーガン


f:id:ikkodatetowatasi:20180413210922j:image

f:id:ikkodatetowatasi:20180413210910j:image

 

美味しかった。

 

唐揚げは、本当に美味しくてもっと食べたかった!

 

定例「死にたいの会」

一定周期で、なにもかも面倒くさくなるときがくる。

 

だって、生きるのって大変じゃん。

 

 

ずーーーーっと頑張り続けないとダメじゃん?

 

 

この前観た「the greatest showman 」でも歌われていたけど、ほんと「never enough 」って感じだわ。だれか支えになる人、この人がいるから頑張れる!みたいな人ナシでは、人生ってそんなに一人で走り続けられんのよ。

 

 

 

まあそんなこと言ったって、わたしは今日も一人だし。そんなこと言ったからって、じゃあだれか支えになってくれるのか?っていったらだあれもなってくれないから、仕方なしに今日も大人しく出勤してるわけですよ。悩みなんかなーんにもないですよー、って顔してね、笑ったり話したりしながらね。

 

 

油断すると

抽象的で感傷的な思考に乗っ取られかねないけど、仕事は次から次へとやって来るから

 

 

 

ぼんやりともしてられんのよ。

 

 

目の前のタスクに集中しないとダメなんだ。

 

 

辛いときこそ前向きに。

 

 

幸せな結婚がイメージできない。

幸せな結婚がイメージできない。

 

 

自分が家庭をもって、誰かと共同生活を営んでいる図が全くもって想像できない。

 

 

いまの職場は、(いや前もだわ)若い男性既婚者がけっこう多いんだけど、みんなスゲーなあと思う。

 

 

 

毎日、同じ女性が待つ家に帰って、子供の世話をして、出勤して。

 

 

いや、ほんと。

スゲーなと。

 

 

ちゃんと「この人だ!」っていう女性を見つけて、付き合って、プロポーズして、結婚式して、子育てして。その上仕事もして。

 

 

 

まあ、それは女性側もなんだけどさ。

 

 

 

いや、とにかく

ほんとスゲー。

 

 

 

わたしは、そういう「日常」を円滑に運営できる自信がないわ。

 

 

 

たぶん、本質的に「飽きられること」を極度に恐れている部分があるんだと思う。(自分が飽きることは、あまり恐れていない)

 

 

 

どういうことかというと、

愛っていずれ冷めるじゃん?

トキメキはいずれ無くなるじゃん?

 

 

そういう状況が、たぶん耐えられないんじゃないかなって。ある種の防衛本能というか。

 

 

 

 昔から、良いことに関しては何事も「いつか終わる、どうせ終わる」っていう意識がなぜか極端に強くて、だから終わりを回避したくて、終わりが来ないために、人との間に一定の距離を保つ傾向がある気がする。

 

 

だからね、けっこう「おめかけさん」タイプなんだよね。

 

 

たまの逢瀬によってしか相手の気持ちを保てないというか……。

自分が相手の日常に食い込むことに自信がないというか……。

 

 

○○○○○○●○○○○○○●○○○○○○

↑こういうお付き合いしかできない。

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

↑でも結婚ってコレじゃん?

 

 

わたしはいつまでも大人になれないのかもしれないな。

 

 

 

 

人生はうまくいかない、という教訓

人生はうまくいかないなあー

 

 

いつまで経っても成長してない感じがする。

 

 

それはきっと、やっぱり結婚して誰かと人生を歩んでいないからで、子育てもしていなくて、だからなんか、やっぱり自分が欠陥人間のように感じてしまうんだなあ。

 

 

なんか、生きるって大変。

 

 

人生を降りたいっていう気持ち、すごくわかる。

 

 

だって、頑張り続けるのって

本当に大変だもん。

 

 

いつまでも陽気なアラサーではいられないよ、みんな結婚して子供もいて、家族で生活してんのにさ。

 

 

私なんか……

 

 

 

うわーネガティヴになってきた……

 

 

いかん……

 

 

つらくなってきた……

 

 

こんなときに

もう誰でもいいから優しくしてくれよっていう気になっちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読解力が低い人とは付き合えない。

年下ボーイの話。

 

私を好いてくれてるのはわかる。

それは、ありがたいとも思う。

 

 

だが、しかし。

 

だが、しかし!!

 

 

 

私、彼とは付き合えない。

たとえ付き合ったとしても

上手くいかないと思う。

 

 

何故ならば、

彼はけっこうな構ってちゃん気質で、その上プライドが高く、そのわりにそんなキャラに見合うほどには賢くないからだ。

 

 

 

 わたし、読解力がない人とは付き合えない。

 

 

 

LINEのやりとりが、噛み合ってないなって思うことも多々あるし、勉強得意じゃないっぽいし、ちょっと無理かなと思う。

 

 

問題は、これから先少なく見積もっても1年はけっこうな頻度で関わっていかなくてはならないから、どうやって付き合っていこうかっていうところ。

 

 

はあーーーーーーーー

 

 

悩みごと増えてるやんけ。